お客様の声

下線

一般社団法人クリスタルボウル・
アカデミー・ジャパン
代表理事 石塚麻実様

マネジメントに必須の上司検定を参考に、円滑な事務局運営を
構築。新しい運営プラン考案の
ゆとりと年間2,400万円以上分の利益を創出!

石塚様のお写真

一般社団法人
クリスタルボウル・アカデミー・ジャパン
代表理事 石塚麻実様

石塚代表理事は、クリスタルボウルという、美しく神秘的な音色やパワーを持つ楽器と出会われ、その演奏力と音による高い癒し効果で、悩みを抱える多くの女性達から圧倒的な支持を得られました。

現在、一般社団法人クリスタルボウル・アカデミー・ジャパンにて、「一人ひとりの心の平和が世界を平和にする」をモットーに、クリスタルボウル演奏会や奏者育成にご尽力されています。

―協会の活動内容を教えていただけますか?

クリスタルボウルの深い響きをもっともっと広め、たくさんの人を癒やしたい。日本各地の格式の高い神社・仏閣でも、奏者クリスタリストの演奏奉納。

川崎美奈子 いつもこまやかに事務局へご指示をいただいておりありがとうございます!

まずですが、初めての方に対して石塚様のご活動のご説明をお伝えいただければと思います。クリスタルボウル・アカデミー・ジャパン様はどのようなご活動をされていらっしゃるのか、お聞かせいただけますか?


石塚麻実  こちらこそいつもありがとうございます。

私は、演奏家と、奏者育成のスクールを主催しています。クリスタルボウルとは、ボウル状の楽器なのですがクリスタルでできております。マレットという棒状の道具で奏でますと、音の響きがとても人を癒やし、ぐっすり眠れ、ストレスも軽減します。演奏とともに、その癒やしを広めたいという目的があり、瞑想会や体験会を積極的におこなっています。


川崎 まずは広くボウルの素晴らしい癒やしのパワーを体感していただけるように奏者をたくさん育てていかれたいのですね。


石塚 そうです。やはりまだまったく奏者が少ないので、クリスタルボウルの音色を聞く機会が少ないのです。多くの方に伝えるために、まず奏者の育成というところに力を入れたいです。


川崎 奏者の方々はどういった場面で演奏するのですか?


石塚 ご自宅での演奏会や、イベントやパーティーでの演奏ですね。私はライフワークとして、奉納演奏をしています。神社仏閣で祈りの演奏などをしております。


川崎 すごいですね、神社仏閣で。今までの演奏のご経歴ですと、伊勢神宮や出雲大社での奉納演奏の他、富士吉田新屋山神社で9年連続奉納演奏などがあるようですね!このような格式の高い神社でなかなか奉納などできるものではない気がします。


石塚 そうですね、お声がかかってやるものなので、やはりなかなかできないものです。


川崎 奏者の方々はどのくらい人数がいらっしゃるのですか。


石塚 今、奏者はクリスタリストというのですが、現在212人になりました。


川崎 たくさんいらっしゃいますね。すごいことです。その中で、奏者を育てる先生になるような方は何名くらいでしょうか?


石塚 育成をしていて、今30名ぐらいです。


川崎 着実に、協会としての仕組みが出来上がっていますね!メルマガを読まれたり、音源を聞かれている人も、興味を持ったらぜひ協会へ足を運んでいただけるといいですね。


石塚 はい、月に数回、手軽な瞑想会、体験会なども開催していますので、まずは体感していただきたいです。

―サービス導入時、どのような点に関心をお持ちになりましたか?

事務周りはプロフェッショナルな
スタッフに任せ、代表でなければ
できない仕事ができる点です。

川崎 素晴らしいですね。実は事務局のみんなでクリスタルボウル演奏会に興味を持っていて体験させていただけたらと思っていますのでいずれどうぞよろしくお願いします(笑)
それでは、お仕事のお話です。この在宅秘書サービスなのですが、このサービスのどんなところに当初最も関心を持っていただきましたか。


石塚 ちょうど1年くらい前だと思うのですけど、協会ビジネスの前田健志先生に、「自分ができることと、できないことをちゃんと分けてお任せするといいんじゃないか」とのことでご紹介いただきました。事務局の経験もプロフェッショナルの方たちに全部事務局まわりをお願いできるということがすごく興味がありました。全て自分でやっていたので、きっともっとスムーズにできることなどがあるのでは?とすごく興味が湧いたという感じです。

川崎の画像

事務局スタッフの仲介があることで奏者育成が円滑に進められます。

川崎 ありがとうございます!実際はいかがでしたでしょうか。ご要望に添えますよう私どもも手探りで対応する部分もありますが。


石塚 はい、やはり生徒さんとのやり取りで事務局が入ってくれることによってスムーズに進みますね。私が直接対応するとつい師弟間で事務的なお願いなど難しいところがあるので、そこの部分を事務局スタッフの皆さんにしっかり事務連絡として伝えていただけることが、本当に助かっています。


川崎 ある意味、諦めてくださる感じですよね。


石塚 私とのやり取りだと、受講者の方も気遣われて永遠にメールがエンドレスで続いちゃったりするんですけど。事務的にぱっと伝えていただくと、すぐに「了解です」とすっきり終わる。そこは本当に全然違うんだなと思いました。逆の言い方をすると、言いづらいことを言わずに済むという(笑)。


川崎 はい、石塚様はとてもこまやかなお気遣いあふれる講座を開催されていますし、お伝えしづらいことなどは事務局に任せていただけましたらと思います。

一般的な事務周りだけでなく商品輸入に関する翻訳なども依頼したい

川崎 今までずっと事務もご対応されてこられましたが、ご自身で「ここまでは自分でされたい」、というような区切りはございますか?細やかに関わりたいというクライアント様もいらっしゃいますし。


石塚 そうですね、フォローが必要な受講者の方に関してはまたそれは別のフォローで。
仕事へのこだわりは特にはないのですが、やっぱりもとの気質が職人なので、自分でやりたくなっちゃう気質はあると思うのです。だから始めは迷いがいろいろあったのですが。でも今は一般的な事務周りだけではなく、クリスタルボウル輸入の際の翻訳関係などお願いしていけたらと思います。


川崎 今まで受講者の方がお手伝いくださっていましたが、今回は少し急ぎの確認でしたので、メールだけでなくアメリカへのお電話なども対応させていただきました。時差もありますし、メール・電話など確認する関係者が増えてしまったのですが、もどかしく感じることなどはなかったでしょうか。


石塚 電話していただけたのは本当にありがたいです。そのあたりも要望として考えていますね。たまたまの急ぎだったのですが、通常は余裕を持って昼間やってもらって、メールを朝見るという感じでいいと思います。

インタビューを受ける石原様のお写真 2

―具体的には、どんな目的があって導入をお決めになりましたか?

自分がやらなければならない本来の目的をゆとりをもって明確に進め

川崎 ありがとうございます。具体的にはどういう目的があって、導入をお決めになったのでしょうか。


石塚 日々、日程調整だったり「どういうクラスなんですか?」など、細かな問い合わせが多く、それでほとんど時間が取られていたりしました。レッスン以外は全てメールのやり取りだけなどになっていたので、なかなか「クリスタルボウルを広める」という目的を前に進められていないなっていう感覚が自分の中で起きてきていて。あと、お休みできない。私の場合、土日が結構メインで対応となるので、どうしてもお休みができなかったりということが続いていて、せめてイベント申込み・入金チェック・場所の情報を送ったりなど、一般的な事務局業務全般をお願いしたらいいだろうなと思いました。そうするとまず、本来の自分がやることが明確になったなと思います。少しずつ依頼できたらということでそれが目的で始めました。

―実導入するにあたって、ご不安になられた点はありましたか?

任せるのは苦手でしたが、例えば
1つお願いして、さらに2、3、プラス
してやってくれるような感じのとこ
ろがあるので安心してお願いでき
ました。

川崎 導入するにあたって、この辺って大丈夫なのかな?などとご不安になった点はありますか。


石塚 私の場合、人に任せるのが苦手だったので、自分でちゃんと依頼できるかなというところが不安になっていましたが、特にはなかったです。


川崎 ご配慮あるご依頼をいただいているので、スタッフも動きやすいようです。やはりどうしてもご指示が不得意なクライアントさまもいらっしゃったりしますが、任せるのが苦手って思っていらっしゃったんですね。


石塚 はい。苦手だと思います。人に迷惑かけちゃいけない、自分でやらなきゃ、とか、お願いすると迷惑なんじゃないかという思い込みがありました。


川崎 実際はそうではなかったと。どこが想像と違ったのでしょうか?


石塚 やっぱり、お願いして、例えば1つお願いして、さらに2、3、プラスしてやってくれるような感じのところがあるから、やはりすごいなと思いました。


川崎 そこは私たちマネージャーや現場スタッフから、常にお困りのことや改善できる事項はないかなどプロの仕事として、心がけている提案で。


石塚だからお願いしやすくなっているんですよね。だから、お願い下手の私もスムーズに、これもお願いしようって甘えられる(笑)。

クリスタルボウルのお写真

―実際に商品・サービスのご利用を開始された結果、いかがでしたか?

事前の「上司検定」での、学びが
勉強になり、スムーズな事務局
構築へ

川崎 ありがとうございます。実際に商品、サービスをご利用した結果いかがでしたか。


石塚 最初やっぱり、戸惑いはあったのですが、お仕事をお願いする以前に上司検定というのを勉強させていただいて、そこでお願いの仕方などもレクチャーしていただいたので、すごく勉強になって。そのとおりにやっています(笑)。全くその辺の勉強をしていなかったから、こうやって依頼したらよかったんだなっていうのが、すごく役立っています。


川崎 確かに、いつもすごくスムーズなご依頼ですが、検定どおりにしていただいているということだったのですね。上司検定の内容もいつのまにかオリジナルになられる方はいらっしゃいますが、いつも事務局の者の理解がすごくスムーズですね!ありがとうございます。

―具体的にはどのような成果がありましたか?

休みの間もお願いした仕事が進み、メールなどの気を使う文章も
考えなくて済みます。

川崎 あとは、具体的にどのような成果が上がられましたか。


石塚 時間にゆとりができて、増えたので、今後どうしようかな、とか、いろいろ考えて実行したり、違うことをやってみたりなどの試行錯誤ができるように。あとは少しお話しましたがお休みが取れるようになりました。


川崎 最初の頃、すごくお忙しそうでしたよね。お話を進めていても、きっとお忙しいんだろうなと推測できる状態でした。年末くらいだったと思いますが、体調は大丈夫でしょうか。


石塚 そうですね。年末は休めなかったですね。大変でした。体調が優れなくてもお休みが取れるようになったので、だめなときは休んでいます。以前は休めず、演奏会39度の熱があってもやっていましたね。


川崎 39度で、こういう芸術的な演奏をするのはすごい集中力ですね。


石塚 そうですね。でも好きだからかもしれませんが、熱下がっちゃうんですよね、演奏すると。でも危険だからもうやらない。生徒さんにはやらないでね、って言っているのですが。


川崎 ボウルの効果でしょうか。休めるようになる、時間的に余裕もできるようになったと。


石塚 そうですね。休んでも休みきれないというか、対応が気になって、これ伝えなきゃ、メールしなきゃ、というあせりがずっとありました。けれど、もう、お願いしたらその間休みの間もやってくれて。しかも、メールなどの文章って結構気を使ったりしますが、それを考えなくて済みます。


川崎 メール1通でも気を使いますからね。要点だけ、こちらに落としていただければ。


石塚 言葉の使い方とか、結構あれですからね。


川崎 もともとは事務局のようなスタッフの方っていらっしゃったのですか?またはそういった方を雇おうかとか、それもお考えになったことは。


石塚 ないですね、自分でやればいい、気力でやろうっていう。全て自分でやればいいという思い込みがあったので(笑)。職人なんです、どうしても。


川崎 そのような状態がこうして事務を任せられたというのは、大きなことかもしれませんね。


石塚 そうですね。大きな改革ですね、お願いできて。客観的にクリアで大きな視点で仕事を見つめ直せ、自分と違う視点での気付きがあったのはありがたいです。


川崎 ほか、任せられてよかったなと思うことはいかがでしょうか。


石塚 やっぱりスタッフの方に事務周りのお仕事を任せることによって、心にゆとりを持てたので、俯瞰して事業全体を見て行動ができるようになったんです。「事業としてのサービス向上」に頭が行くようになりました。今までよりもさらにいいサービスを提供できるようになったという気がします。


川崎 すごいですね、俯瞰して見られるって。


石塚 いえ、いえ。でもいつも忙しくて、自分の中だけでぐるぐるしているのではなく、客観的にクリアな大きな視点で仕事を見つめ直せるのはありがたいです。また、川崎さんと話していて、瞑想会とか、体験レッスンに来ている人たちへ、協会としてのアプローチは特にしていないことに気づきました。

「入門関係の顧客アプローチはどのようにされていますか?」「そういえば特に!」みたいな(笑)

そういう方たちにもご連絡を差し上げるといいですよね。そういった意味で、自分が気づいていない、今まで毎日過ごしていて、気づいていない、全然違う視点で気づきがあったというのが大きいですね。あとは、顧客リストとかもちゃんと作っていただいているので、それで後追いで見られる。今まではリストもなく、いろいろなところに情報が分散したボロボロな管理状態だったので、誰が何を受けたか、とか、全然分からない状態でした。そこを全部整理していただいたりとか。


川崎 もう少し受講生さんの人数が増えたら、システム入れられたほうがいいかもしれないですね。1,000人越えてきたら、たいていの場合システムを入れるケースが多いですね。次なるチャレンジですね。そのほか導入されてよかったことはありますか。


石塚 いろいろ日々、本当にやっていただいて、いいなって思うことはたくさんあるんですけど、今そのくらいです。また浮かんだら言いますね。

石塚様のお写真 3

―サービスを利用されたことで、
いくらの「利益」(金銭的利益)に
つながったとお感じでしょうか?

月200万円、年間2,400万円。
浮いた時間でさらに新規事業の
考案。さらなる効果が!

川崎 ありがとうございます(笑)もうないっておっしゃるまで続きますので、なくなったらそのように言ってください(笑)。一人で我慢して、永久に考えてしまう方々もおられますから。サービスを利用されたことで、いくらの金銭的利益につながったとお考えでしょうか?他のクライアント様ですと、ご自身の時給換算をして、自分が動くよりは事務局に動いてもらったほうが、すごく安く上がるというふうにおっしゃっていました。


石塚 今年はそんなにしゃかりきになっておらず、どのくらいかちょっとまだ計算はしていないんですが。そうですね、そういったことであれば、多分その分の利益はあると思います。


川崎 現在のプランで考えますと、今月はプラン100になりそうでしたね。仮に100時間としたときに、石塚代表理事の1時間あたりの時給はいくらになる感じでしょうか。


石塚 時給、レッスンで換算すると1時間2万円です。


川崎 発注くださった100時間分、ずっとレッスンというわけではないかと思いますがもしされたとして考えると・・


石塚 100時間だと?


川崎 単純に掛けると200万円相当でしょうか。


石塚 すごいですね。


川崎 実際にそうではないのですが、同じ1時間の積み重ねの価値というのは、そういうものではないでしょうか。月200万円ですので、年にしますと・・


石塚 2,400万円。


川崎 すごいですね。実際は、これは本当に簡単な計算ですが。それでも半分だとしても、3分の1にしたとしてもすごい仕組みづくりの投資をされたという構図ですね。先ほど、俯瞰して見られるようになって、またさらに内容を良くしていくとか、新しいことをやるために、ということをおっしゃっていましたので、そこにもし浮いた時間を使われたら、これもすごい効果が見込めそうですね!


石塚 100時間。


川崎 本当は全部ご自身で、人に任せたら迷惑かかるって思われていた100時間ですね。楽になられてよかったです。


石塚そうなんです、ずっと「迷惑をかけてはいけない」と思っていました。

―今後は、さらに本サービスをこの
ような方法で活用していかれたい
といった計画のようなものはおあり
でしょうか?

アメリカとの輸入のやり取りなども
スムーズな方法で。また、通販、CD
や資料の発送、認定講師のフォロ
ー、受講生のサロンの開設など

川崎 事務局でお仕事をいただくと、それをうまく運用、検討する部分が楽しいスタッフが多いので、これからも遠慮なくご依頼いただけたらと思います。このメールはこんなふうに書いたほうがいいとか、考えるのが好きな人がとても多く、工夫やお手伝いをさせていただくこ
   
とを楽しいと思っています。さきほどの事業の俯瞰のお話にもありましたが、今後はさらにこのサービスをこんな方法で活用したいという計画もありますか。よろしければこちらに用意したご提案事項をご覧ください。


石塚 ありがとうございます。今計画しているのが、Facebookのグループを作って、今月スタートした10名の生徒さんと、日々レッスン、演奏の練習をして、それがどんな気づきがあったのかとか、そういうのをシェアするサロン的な場を作りたいと思っています。そこに事務局の方たちも入っていただいて、コメントなどをお願いできたらなと、細かいんですけど。そういうのも依頼したいなと。


川崎 それはぜひ、ご提案させていただこうと思っていました。ほかにはこうして使ったらいいかなとか、そういうのはありますか。


石塚アメリカとの輸入のやり取りなども、ちゃんともっとスムーズな方法を考えていきたいと思っていて。発注の商品とかも、それも共有できたらいいなと思っています。


川崎 在庫とか需要とかを把握させていただいて、石塚様が「発注しておいて」とおっしゃっていただければ、はーいというふうにオートマな発注させていただけるようにできたらいいですね。


石塚 ネット販売の「おちゃのこカート」にも写真など入れていただいたので、通販などですね。ほかは、今後講師が増えてきたらその辺のフォローももう少しやっていきたいなと思っています。また今、レッスン体系を終わったら終わりじゃなくて、継続して練習できる仕組みに、今作り変えているのです。作り変えた段階でまたシェアさせていただきます。


川崎 分かりました。それは受講者の皆様も安心ですね。参加されればされるほど、奥が深いという印象があるので。


石塚 そうなんです。


川崎 承知しました!また、こちらご提案のお仕事一覧ですが、おっしゃっていたFacebookグループの管理と、ご提案と書いているところなのですが、講座体系が整備されてからのほうがいいですね。IHの現状を確認してきたのですが、A4コピー用紙ケース500枚分の箱の大きさで、保管代が1カ月1000円ですが、これはかなり入ります。資料とか販売されているCDを置いておくといいかもしれません。


石塚 今まで休みの間はなかなか資料やCD発送はできなかったですね。


川崎 CD発送や資料送付等はお任せいただいたほうがいいかもしれませんね。今このインタビューのお部屋にある在庫分は問題なく保管できると思います。また、お知らせ記事、アメブロ、メルマガという、事務連絡のようなメールを事務局で配信する業務はいかがですか。いつもきちんと、今日は素敵なお天気ですね、としっかり素敵なメルマガを書かれていますね。こんな演奏会があります、という急ぎの事務連絡などでしたら事務局からのお知らせです、みたいなものも可能かなと思いましたがいかがでしょうか?


石塚 そうですね、文章考えることは結構時間がかかりますからね。イベントとかは、ギリギリになっちゃったりするから。気づいたときにお知らせを一段階送っておいていただくのはいいかもしれません。


川崎 そのあたり、挨拶文などご相談させていただきつつ対応できるといいですね。 体験講座を経験した皆様へのフォローアップは講座整備ができてからがメインになりますか?上級講座の日程は、体験などに参加された方とのお話し合いで決まる印象がありますがいかがでしょうか。


石塚 はい、最初の講座の日程は決まっているのですが、その次の講座は生徒さんと話して決めていました。今までは本当、生徒さん優先で決めていたのです。でも来月のメディテーションクラスがいつですよ、などというのを、日程告知でやろうと思っています。なるべく、この日ですよというように変えます。


川崎 まずは、そこがすごく重要な第一歩である気がしますね!協会のコンテンツに興味をお持ちの方がたくさんいらっしゃるので、決まっていったらそこに予定を合わせよう、という方が増えるかもしれないですね。

石塚様と川崎の画像

心も時間もゆとりができて、全体を俯瞰してみることができるので、
さらに良いサービスが、お客様に
提供できると自分自身でも実感できるんです。
まずはやってみるといいのでは?!

川崎 色々と教えていただきありがとうございます。では、現在、このサービスの導入を検討されていながらも、正式に導入するかどうか悩まれている方に対して、コメントをお願いできますか?


石塚 事務局周りをお願いすることで、心も時間もゆとりができて、全体を俯瞰してみることができるので、さらに良いサービスがお客様に提供できると自分自身でも実感できるんです。事務局のワンクッションがあることで生徒さんやお客さんとのコミュニケーションがスムーズになるので、結果的に全てが円滑に回り始めます。
最初はお願いできるところから少しずつ依頼をしていくと、事務局のプロのスタッフの皆さんが細かい配慮をしてくださって、依頼ができるようになるので、まずはやってみるといいんじゃないかなと思います。


川崎 弊社ではこれまで百数十協会くらいまで、ご支援をさせていただいていますが、上手に事務局をご活用くださり、前進に向けて投資されているのだなということをお聞きできて、さらにご支援が楽しみになってきました。この活動がさらに日本中、世界中に広がっていくことを願っています。

 導入企業様 企業概要

企 業 名 : 一般社団法人
        
クリスタルボウル・
        
アカデミー・ジャパン
代   表 : 石塚 麻実 様
本社所在地 : 東京
U  R  L   : 公式サイトはこちらから

 インタビューワー

一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・スクール  
マネージャー 川崎 美奈子